メンタルの不調によるリスクと対処法

看護師の仕事は一般の仕事に比べてストレスが多いと言われている。
一つのミスが、患者の命に直接繋がるという責任の重さも要因のひとつだ。

病棟で働く看護師の場合は、様々な症状の患者のケアに当たる必要がある。
症状の軽い患者から重い患者まで、ケースは多種多様だ。
看護師は患者と一番近い存在であることから、日々の業務に加えて患者や家族からの要望に応えたり話を聞いてあげる場面も多く、業務量が多くなりがちである。

加えて、不規則なシフト勤務や夜勤の疲れも重なり、上手くリフレッシュができずにしんどくなってしまう看護師も多い。
職場に信頼できる相談相手がいれば話をすることで気持ちの切替えができるかもしれないが、中には上手く自分の気持ちを発散できず、メンタルを病んでしまう看護師も多い。
メンタルが病んでしまうと仕事に対する意欲も無くなり、集中力が低下してしまう。
その結果思ってもいないミスを招く場合もあり、余計に業務が怖くなるという悪循環に陥りやすい。
そうなると、退職や転職という言葉が頭に浮かぶ人も多いだろう。

しかし、せっかく看護師の資格を持ったのだから、看護師として働いてキャリアを積んでいくこと手放すのはもったいないことである。
例えば不規則なシフト勤務や夜勤が辛い場合は、日勤のみのクリニックに転職するなど方法はいくらでもある。
メンタルを病んで取り返しのつかない決断をする前に、自分の働き方を見つめ直し自分に合った職場に身を置くことも大事だ。

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント