悩みによっては退職を決断する前に一呼吸

国家資格を持つ看護師は比較的転職しやすい職業ではなるが、だからと言って簡単に退職を決断するのは間違いである。
なぜならどこの職場の採用担当者も、転職者が何らかのマイナスな悩みを抱えて転職する事情をよく分かっているのだ。
よって前の職場でこういう事に悩んでこう対処したが努力は実を結ばなかったので、御社ではこういう目標を立てて頑張りたいと言う人であれば問題無いと言えるだろう。

しかしどこの職場にも起こりうる人間関係や労働条件の悩みで退職を決断した人に関しては、自社に入社しても同じ事に悩んですぐに辞めるのでは無いかと採用担当者に懸念されても仕方が無いのだ。
同様に短い期間で転職を頻繁に繰り返している人に関しても、辛抱強さ、責任感を疑われ採用に繋がりづらいのである。
そうならない為には転職した後の職場では長く働ける様、自分にあった職場を探す事が大切だ。

職探しの方法はネットやハローワーク等自分で出来る方法もあるが、看護師の場合転職の事を良く知っている転職コーディネーターがいるので利用すると良いだろう。
転職コーディネーターは沢山の看護師の辞職理由や事情を聞いているので、各病院の職場事情をよく知っている人が多く在籍しているのである。

その為人間関係や急な残業の有無等、求人票に載っていないけど転職者が知りたい内部事情を教えてくれたり、次々と看護師が退職する職場だと警告してくれる事もあるのだ。
よって自分で探すより、求人票と実際の労働条件に差が無い職場を探す事が出来るのである。

体調不良やうつで退職を考えている人への情報を発信しています